首都圏にある歴史的な古都|楽屋で家を建てよう|全て自分で案を練られる

楽屋で家を建てよう|全て自分で案を練られる

首都圏にある歴史的な古都

室内

歩くことで楽しみが増す街

首都圏に住んでいる人間にとって、鎌倉には特別の思い入れがあります。歴史的な古都であり、湘南という人気のエリアが控えているので誰でも一度は暮らしてみたい街の1つです。修学旅行で鎌倉へやってくる小学校も多く、馴染みのある観光地でもあります。鎌倉というのは海に開けた街で、周辺を山で囲まれています。天然の要塞として外敵の侵入を阻んだ歴史があります。そのため関東平野のようにどこまでも広い解放感はなく、盆地のようなイメージです。このような限られた土地の中で一戸建てを購入する場合、駅や繁華街からは距離を置くことになります。ただし個性的なお店やカフェなどが多いので、歩く楽しさを実感できる街でもあります。自分で鎌倉の楽しさを見つけられる人にとっては、住みやすい街といえます。

観光地を外れた場所を探す

鎌倉はエリアが狭いこともあり、週末や休日の車の混雑はすごいものがあります。繁華街から離れたエリアに一戸建てを購入した場合、多くの人が自転車を利用します。観光客の混雑する街並を避けたい人は、山を越えた平野部に一戸建てを購入するのも1つの方法です。住宅地として開けているので、新築でも中古でも一戸建ての物件が探しやすいです。鎌倉駅から都心部へ通勤する場合、東京までは1時間足らずで行けます。横浜なら30分足らずです。観光地の外側エリアなら東海道線が利用できるので通勤時間はもっと短縮できます。鎌倉で一戸建てを購入する人は、何を求めて移住してくるのかを考えた方が場所を選ぶ時に役立ちます。そのためには何度も足を運んで、地元の不動産巡りをして色々な情報をキャッチすることが大事です。

Copyright © 2017 楽屋で家を建てよう|全て自分で案を練られる All Rights Reserved.